◆クリヤヨガ◆


2016年5月~6月にかけての約1ヶ月間バリ島にてクリヤヨガの仲間たちと共に全米ヨガアライアンスRYT200の資格取得の為に留学して来ました☆★バリ島の豊かな大自然の中で、素敵な仲間たちと過ごせた楽しい日々はわたしの宝物の一つです♪

 

ここで身につけたIYU国際ヨガ連合認定スピリチュアルリーダーと5STEP体幹ヨガティーチャーの資格とクリヤヨガの御師匠サッチー亀井さんこと亀井 佐千雄さんより伝授して頂いたコンシャスネスヒーリングもわたしにとって大きな収穫でした。

 

そして、日本に帰国してからここで学んだたくさんの叡智を皆さんにお伝えして多くの方々へ活用して頂きたいと思い、ヨガのメニューにしました。

◆クリヤヨガとは?

クリヤヨガの必要性
そして考え方の大原則』

 


クリヤヨガは、
人体の血液中の炭酸ガスを除去して酸素を補給する、
簡単で生理学技法である。

 


この技法によって、
体内に吸収された余分な酸素は
生命エネルギーに変換され、
脊髄を伝わり脳幹と脳の中枢に活力を与える。


クリヤヨガはこうして静脈血の蓄積を止めることによって、細胞の老廃を減少したり阻止したりすることができる。


さらに熟練すれば細胞を完全にエネルギーに変えることもできるようになる。
ヘルメス・トートや、釈迦、イエスや、アリストテレス等の預言者たちは、当時、クリヤまたはこれに似た技法を用いた賢者
たちである。


彼らはこの技法によって、
自己の肉体を意のままに物質化したり
非物質化したりすることができ、数々の啓示と夥しい自己鍛錬による研鑽を積み、多大な
る啓蒙の思想・哲学を世に残したのである。


クリヤは銀河系シリウス星団の科学である。
ヘルメス・トートはこれを、
彼の偉大な師サナト・クマラから授けられた。


ヘルメス・トートは、人類が長い間の暗黒時代に見失ってしまったこの技法を再発見し、その精髄を明らかにされた。


そして、改めてこれを、
クリヤヨガ』と名付けられたのである。(人類がまだ地球に誕生する遥か前のことである)

 


ヘルメス・トートは言った。
「この21世紀の世に、
わたしがお前を通じて世界の人々に贈ろうとしているこのクリヤヨガは、
何千万年も昔、サナト・クマラがトートへ、シバがババジに授け、


後に、トンパ・シェンラッブ、釈尊、パタンジャリ、
キリスト、ヨハネ、パウロ、ミケランジェロ、孔子、
達磨、聖徳太子、安倍晴明、シェイクスピア、レオナルド
・ダヴィンチ、ダライ・ラマ、カリール・ジブラン、
ガンジー、マイケル・ジャクソン、ジョブズ、J・Kロリング
その他の弟子たちに知られるようになったものと
同一の科学である」


クリヤ・ヨガは、
人間の進化を促進するための手段である


ヘルメス・トートは古代アトランティスで
門下たちに説明された。


「いにしえのヨギたちは、
宇宙意識の秘密が、
呼吸の制御と密接な関係に
あることを発見した。


これは、ヘルメス・トートが
人類の知識のうえに
もたらした不滅の貢献である。


クリヤヨギ(クリヤヨガ実践者)は、
呼吸を調整する独特の技法によって、


心臓の鼓動を維持するために
消費されている生命力を
心臓から解放し、この解放された
生命力を、霊的進化の促進という
より高い目的のために利用するのである」

 


クリヤヨギは、意識を用いて
自己の生命エネルギーを、


脊髄を含む6つの中枢


(延髄、頸椎、腰椎、仙骨、
尾骨にある神経叢)
に沿って上下に循環させる。


これら6つの中枢は、
宇宙意識の象徴である
黄道帯の十二宮に相当する。


この鋭敏な脊髄の周囲に、
わずか12秒間エネルギーを照射、循環させるだけでも、
人間の魂は微妙な進化を遂げる。


12秒のクリヤがもたらす霊的進化は、
自然のままに生活する場合の
1年分の霊的進化に匹敵するのである。


人間の肉体は、
全知の霊眼という太陽の
まわりを回転する6つ内的星座
(極の数にして十二)によって
構成されており、
それらは、物質界の太陽および
黄道帯の十二宮と相互に関連している。


こうして、人間はみな、
内的宇宙と外的宇宙の
影響を受けているのである。


いにしえの聖賢たちは、
人間がこうした地上と
天上の環境に支配されながら、
十二年を周期とする自然進化の
道を歩まされていることを発見した。


聖典は、人間が脳を完全に
発達させて宇宙意識に到達するには、
正常で健康な生活を続けたとしても
百万年かかると断言している。


もしクリヤを、
1日に8時間半で千回行ったとすると、
このような1日は、自然進化の
1千年に相当する効果をヨギにもたらす。


すなわち、これを1年間続けると、
36万5000年に相当する進化が
遂げられることになる。


こうしてクリヤヨギは、
自然が百万年かかってもたらす効果を、

 


賢明な自己訓練の努力と指導者の助けによって
僅か3年で達成することができるのである。
しかし、このような著しい進化の近道は、
もちろん、どのようなヨギであっても
設定を施し、臨む事で適えられることである。

 


指導者と共に心と体を注意深く訓練して、
はじめて可能となるのである。

 


ヘルメス・トートより
ヘルメス・トートは、
『下にあるものは上にあるもののごとく、
上にあるものは下にあるもののごとし』

 


(as above, so below)と地球最古の碑文
「エメラルド・タブレット」にそう記しました。

 


さて、この文は一体何を意味しているのでしょうか?


これは星々の運行や自然現象などの天上界の出来事と、
人間界の出来事が実はシンクロしていることを表しています。

 


そして、この原理を理解する事により、
世界の事象を自由に扱うことのできる奇跡が起きると言っています。


当初、この言葉は、
秩序的に天体などの「星の世界」である上位のものの模倣として、
「地上世界」のような下位の物が生じる
(上位の物は下位の物の性質を規定して、万物に親和力を与える「生命の秩序的連鎖」)という考え方がされていました。


この考え方に基づき、「星の世界」の模倣として「地上世界」が生じ、
「地上世界」は「星の世界」の支配を受ける形で、親和力が生じている。

 


占星術が当たるのは、このためだとされてきました。

 


しかし、クリヤヨガでは、「全てのものに神=宇宙精神が内在する」。


つまり、宇宙原理は私たちの物質的宇宙のあらゆるものに
“種子”として潜んでおり、クリヤヨガによってこの種子を育て、
その本質的で完全な姿へと変容させることも
十分に可能であるということを言っています。

 


そこで、ヘルメス・トートは自身の著「ヘルメス文書」で、
下位世界の支配ではなく、この両者は互いに感応し合い、一致し、
相互変換する関係を説いているのだ、と悟るに至った。と記されています。


クリヤヨガのこの原理を、
キリスト教では、「神は遍在する」といい、
仏教では「ブラーフマン(万物に偏在する神々)」と表し、
古神道では「八百万の神々」でその思想を表現しています。


では、実際にこれらの状態を感じるための
心と体とスピリットのためのワークをおつたえ
しましょう。


~ソーク:大いなる存在に浸かる~

 


ただリラックスする
心の結び目を解き、
自分の潜在意識のさらに奥にある真我(内在神)と出会うことの主な妨げは、
私たちのガンバリです。ヘルメス・トートは、
「ただリラックスしなさい」といっています。
大いなる存在を知る方法は、平安と静まることによってです。


クワイエットタイム(静謐なる想いに燻らす(くゆらす))
外側が平安な環境になることは、私たちの内側が平安になることを助けます。

 


ソークをする時は、静かな想いでただ居ることです。
最初は、いろいろな想いで頭がいっぱいになるでしょうが、
その想いと争おうとしないことです。

 


想いが静まるのを待って、私たちの想いを大いなる存在
(内在神)にゆだねるのです。


大いなる存在が私たちの心と体の中におられることを想い巡らし、大いなる存在がすぐそばにいてくださることを信じるのです。

 


気がそらされても、いらだたず、もう一度想いを大いなる存在に向けるのです。


横になる
クリヤヨガは、横になることが、一番良い姿勢であることを発見しました。

 


肉体的にリラックスし、大いなる存在に集中する助けになるのです。
横になることによって、大いなる存在に対して
自分たちのやりたいことを明け渡すという意思表示になるのです。

 


自分の支配権を大いなる存在にゆだねるのです。
聖霊とも呼べる大いなる存在に身を任せるのです。

 


愚かに感じ、
プライドが傷つくかもしれませんが気にすることはありません。
真の安堵が訪れてくれるでしょう。


ヒューマン・ビーイング(内観する自己)
最初に心の中で、自身の善と悪の葛藤があるかもしれません。

 


私たちはとかく、働き蜂のように何かを「しなければ」と感じます。
しかし、ソークはイナンナ的時間(ハーモニーある女性性の事)です。

 


私たちは見えざる敵をこしらえてわざと忙しなくしてしまう傾向があります。
ソークのヒューマン・ビーイングは、
自分の努力でどれくらい達成できるかということではありません。
私たちの内における大いなる存在の働きとも呼べるものなのです。


休息と回復
ソークは、日常における実験的肉体と感情の体験です。

 


大いなる存在は私たちを青き海の見える丘に伏させ、
いこいの水のほとりに伴ってくださいます。

 


私たちのたましいを生き返らせてくださいます。
この回復の過程の中で私たちは肉体的あるいは感情的に
何らかの反応をするかもしれません。

 


大いなる存在が私たちの中で働くにつれて、
私たちは笑うかもしれませんし、
あるいは涙を流したり、からだが震えるかもしれません。

 


大いなる存在がスピリチュアル・ギフトを与えてくださったり、
いやしたいと願っておられる記憶を
想い起こさせてくださるかもしれません。

 


多くの場合、深い安穏に入りますし、
実際に寝てしまうかもしれません。

 


たとえ何も感じなくても、
大いなる存在が私たちの魂の中に働いていてくださることを信じるのです。


蒼い蓮が花ひらくエネルギーとして、大いなる存在と親密になることは私たちの
人生のあらゆる面で実を結ぶ鍵となります。

 


私たちが自分のうちにある大いなる存在の
片鱗に気づけば気づくほど、私たちの周りの
人たちもそれに気づきます。

 


私たちが自分のうちにある大いなる存在の
片鱗に影響されればされるほど、周りの人々も

そうなります。

 


大いなる存在と共に隠れ場で
時間を過ごすことによって、
毎日の生活の中で霊によって
歩むようになります。

 


大いなる存在のために
何かを成し遂げようとやっきになるのではなく、
私たちを通して大いなる存在が
ご自分の御心を建て上げてくださるのを
発見するようになります。


どのようにソークをするか
●居心地良く横になれるところを探す。

忙しく動き回る想いが静まるのを待つ。(その想いと闘わないようにしてください。)

大いなる存在の実体に浸してくださるようにお招きする。

自分自身(想いも体もたましい)を、祈りながら大いなる存在に明け渡す。

自分の中にある大いなる存在の実体に焦点を合わせる。

大いなる存在が自分自身の中で働いていることを信じ、意識と呼吸によって安穏する。

できるだけ時間を取る。(リラックスし、受け取り始めるのに、自分に少なくても20分を与えてください。)

リフレッシュされ、内在神に満たされて起き上がる。

自分と自分の周りの世界を大いなる存在が変えてくださるのを見てください。


※文中に「神」だったり、「おおいなるものの存在」などの
言葉がでてきますが、クリヤヨガは一切の宗教団体、宗派とは全く関係ありません。

◆チャクラとは?

クリヤヨガのヨガでは
他にはない「チャクラワーク」が実践できます。

 


その理由は、チャクラに対する視点です。
それでは、私たち(クリヤヨギ)が

チャクラをどのように捉え、
理解しているかをまずご説明します。


「チャクラ」はシリウス星団で誕生し
地球に降ろされた言霊であり、
自分自身の魂意識で、「内なる声」として
目には見えないエネルギーを受け取る
アンテナ(受信機)の役割を果たしています。


全身に数百以上あるチャクラ。
物質肉体のチャクラと呼ばれ、
それぞれの箇所に向かって、
信号が伝わり送られて、身体中に響き渡ります。

 


チャクラとは、私たち生命体の身体にある、
直観や閃きと云った霊的な信号を受け取るための、
それぞれの中継地点のことでもあります。


主要な肉体のチャクラは、8箇所あり、
物質肉体の上部から、それぞれの特徴を持っています。

 


おもな透知(霊知)能力は、ここで受け止められます。
それは、知識としては持ち合わせていないはずなのに、
何故か、どういうわけか、すでに知っているという感覚です。


☆クラウン・チャクラ (crown_chakra 頭頂部)
宇宙根源の「生命の樹」と対応しているのが
この部分であり、それは、錬金術(ヘルメス文書)で
「上なる如く、下もまた然り」と云われるように、
“全知全能”と対応しています。

 


この頭頂部の感覚を、極度に無視し続けていると、
脳に関連する病に発展してしまいます。

 


透聴(霊聴)能力は、ここで受け止められます。
霊的な声や、異次元領域の周波数の音や波は、ここで聴き取ります。


☆イヤー・チャクラ (ear_chakra 耳)
耳鳴りは、身体の周波数調整として起こる場合と、
何らかのメッセージが届いている場合に起こります。


何らかのメッセージとは、ご先祖霊や守護霊、
補助霊、最善なるスピリチュアル・ガイドたちなど、
自分自身に最も近い存在たちからのメッセージか、

 


現世での家族や身内からの緊急の知らせ、
「虫の知らせ」として届く場合を云います。

 


このような声や音を、極度に無視し続けていると、
耳に関連する病に発展してしまいます。

 


※補助霊→最近に他界された身内の人の霊や、
あなたの興味や趣味、仕事に共感してサポートしたいと、
集まってきた霊を云います。


☆サード・アイ・チャクラ (third_eye_chakra 眉間)
透視(霊視)能力は、ここで受け止められます。
「過去のヴィジョン」や「未来のヴィジョン」は、
この部分で霊的な映像として受け取ります。

 


異次元領域の周波数の光、色、記号、数値、
予知能力、予知夢、デジャヴ(既視感覚)などは、
この部分に信号が送信されます。

 


地震や洪水、台風、天変地異の予知も、
この部分で受け取り、そのことの信号として、
偏頭痛を起こす場合があります。


☆スロート・チャクラ (throat_chakra 喉)
霊的に受け取った映像や声、音などを、
物質的な声、言葉として、ここで表現します。

 


そのとき、真実とは異なる表現を発声し続けていると、
「どもり」が酷くなります。

 


また、真実を押し殺して黙認していたり、
言いたいことを言えずに我慢をしていたり、
虚言癖があったりすると、
「どもり」が酷くなります。

 


さらに酷くなると、喉を痛めて炎症を起こし、
喉頭炎になり、さらには喉頭ガンを患うなど、
喉に関わる病に発展してしまいます。


☆ハート・チャクラ (heart_chakra 胸の中心部)
愛情、思いやり、優しさといった
母性に関わる部分は、ここで受け止められます。

 


「胸騒ぎ」は、誰かの想いや愛情感覚を受け取ったり、
愛する人同士のテレパシー感覚として起こります。
チクンチクンとする感覚、ドキンドキンとする感覚が、
それに当たります。

 


非常に想いが通じ合っている人同士の、
阿吽(あうん)の呼吸、
暗黙の了解といったものは、
ここで受け取ります。

 


胸心部の感覚を、極度に無視し続けていると、
心臓に関連する病に発展してしまいます。


☆ソーラー・プレクサス・チャクラ
(solar_plexus_chakra 太陽神経叢、みぞおちの下辺り)
コントロール能力は、ここで受け止められます。

 


それは、自分自身や他人に対してのコントロールであり、
自分自身をコントロール出来ていなかったり、
他人を必要以上にコントロールしようと目論むと、
みぞおちの下辺りが傷み出し、胃痛になり、
胃関連の病に発展してしまいます。

 


また、他人を束縛する、依存する気持ちが強過ぎると、
胃痛や胃炎という形で現れます。


☆サクラル・チャクラ (sacral_chakra 仙骨)
「魂意識」が座している場所であり、直観や閃き、
あらゆる多次元領域宇宙の情報は、
この部分で、一番最初に受け止められます。

 


つまり、魂というものは、この部分に存在しています。

 


仙骨は、英語で「sacrum (サクラム)」ですが、
「サクラム」の「サクラ」の部分は、「桜」のことです。
「桜」は、英語で「cherry blossoms」ですが、
これを略して、「sacrum」です。

 


「桜」は、シリウス星系で誕生した種であり、
そこから、地球上に降ろされて来た種です。
それを実際に降ろして来た人は、シリウス神人です。

 


トート神を代表とするシリウス神人たちです。
地球物質界の時間空間軸で、
西暦2015年現在から遡って、
785億4735万2979年前のことです。

 


地球物質界における人生生活を
私たちが生きる目的をもって生き続けることを、
コントロールしているのは、この部分です。


☆ルート・チャクラ (root_chakra 脊椎の一番下部)
私たちは、地球物質界において、
人生生活の手段として、お金を活用しています。

 


お金に対して、あまりにもこだわり過ぎたり、
お金に苦労し過ぎていたり、
お金に対して、マネー・ゲームなど、
過剰に意識を傾け過ぎると、この部分を含めて、
腰痛になり、さらには、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなどの、
腰関連の病に発展してしまいます。

 


人にはそれぞれ、得意とする分野があるように、
人によっては、最も突出して発達しているチャクラがあります。

 


まずは、自分自身にとって、最も敏感であると想われる
チャクラの鍛錬を心掛けることが推奨されています。

 


その後、その突出したチャクラを補ように、
その他のチャクラも徐々に開発されて来ます。


このように、チャクラの役割を
客観的に分析してみると
大変興味深く、面白いですね。

 


冒頭にも記述しましたが、
クリヤヨガでは、
この視点を応用して日常生活を
より良く生きやすくするための
他では学べない、「チャクラワーク」の実践ができます。

◆クリヤヨガレッスン